[ 全盛期のレースクィーン] カメラ小僧のローアングル撮り race queen part2
[ 全盛期のレースクィーン] カメラ小僧のローアングル撮り race queen part2
1990年代後半。

ハイレグ路線から転換し、極端なミニスカートのワンピースが主流となる。スパンデックス素材で作成された体のラインがそのままに出るものから、徐々にエナメル素材(PVC)のものへと変化していった。

ワンピースの利点は布地面積が広いことであり、スポンサーロゴが大きくプリントされ、企業やチームカラーで色とりどりにデザインされた。大きな襟が付いていることも特徴的だった。

ハイレグに代わるセクシーさを求め、大胆なスリットを設けたり、バストの部分をくり抜き、谷間を強調するデザインが現れた。

colors.movies.av 提供

レースクイーン動画販売中